【プレスリリース】H2Lとドコモ、「BodySharing技術」と5Gを活用した新サービスの創出に向け連携

~ドコモのパートナー企業・団体を対象にアイデアソン・ハッカソンの開催とH2L製品の無償貸し出しを実施~

[プレスリリースキットはこちら]
H2L株式会社(以下、H2L)と株式会社NTTドコモ(以下、ドコモ)は、H2Lが提供する「BodySharing技術」を活用し、第5世代移動通信方式(以下、5G)時代における新たなサービスや利用シーンの協創に向け、連携して取り組むことに本日2019年1月9日(水)に合意いたしました。

「BodySharing技術」とは、筋変位センサーを活用し、手や腕などの身体情報をコンピューターと相互伝達することにより、人やロボット、VR・ARのキャラクターへ体の動きを伝えることができ、独自の触感提示技術により、他人の体験やVR・AR空間の体験を体に伝えることができる技術です。低遅延が特長の5Gと組み合わせることにより、遠隔地にいる人の体験をリアルタイムに体験することができるなどの活用が期待されます。

ドコモは5Gにおいて、幅広いパートナーと共に新たな利用シーン創出に向けた取り組みを行う「ドコモ5Gオープンパートナープログラム」を2018年2月から開始し、さまざまな分野の会員企業・団体(2,000超の団体※1以下、パートナー)に、5Gの技術や仕様に関する情報や、意見交換を行うワークショップの場を提供しています。
今回の連携により、5GおよびH2Lが提供する「BodySharing技術」をパートナーに提供することで、パートナーの持つアイデア・サービス・技術とのマッチングを図り、新たなサービスの創出をめざします。
本連携の一環として、H2Lと共同でパートナーを対象としたアイデアソン・ハッカソン※2を開催します。さらに、H2Lが開発する、光学式筋変位センサー内蔵コントローラーにより手の動きでVR空間を操作することができるVRデバイス「FirstVR®」を、パートナーへ無償で貸し出すプログラムを開始します。

また、ドコモは2019年1月9日(水)に、沖縄県那覇市に常設5G技術検証環境「ドコモ5Gオープンラボ™OKINAWA」を開設しました。本施設では、両社が沖縄振興推進に向け協創に取り組んでいる「FirstVR」対応コンテンツを展示します。

H2Lとドコモは、本連携による取り組みを通じ、離れた観光地のアクティビティーを映像だけでなく体へのフィードバックを伴って体感できるVRコンテンツの提供など、多様な分野におけるサービスや利用シーンを協創することで、地域の産業振興や各種社会課題の解決に貢献することをめざします。

※1 2018年12月31日(月)現在。
※2 アイデアソンとは、ある特定のテーマについて多様性のあるメンバーが集まり、対話を通じた新たなアイデア創出を短期間で行うイベントのことです。ハッカソンとは、エンジニアなどがチームを作り、与えられたテーマに対しそれぞれの技術やアイデアを持ち寄り、一定期間でサービスやアプリケーションなどを開発し、成果を競う開発イベントのことです。
*  「FirstVR」は、H2L株式会社の登録商標です。
*  「ドコモ5Gオープンラボ」は、株式会社NTTドコモの商標です。

【本連携の概要】
1.連携の目的
ドコモが2020年春の商用サービス開始をめざす5Gと、人と人、人と機械の経験の共有を実現するH2Lの「BodySharing技術」を組み合わせ、新たなサービスや利用シーンを創出することで、産業振興や社会課題の解決をめざします。

2.連携事項
(1)5Gと「BodySharing技術」を活用した新たなサービス、利用シーンの協創検討
(2)ドコモ5Gオープンパートナープログラム会員向け施策の実施
①「5G×BodySharingアイデアソン・ハッカソン(仮称)」の開催
②「FirstVR」貸し出しプログラムの開始
(3)ドコモ5GオープンラボにおけるH2L製品と対応コンテンツの展示

3.各社の役割
「H2L」
・5Gと「BodySharing技術」を活用した新サービスの検討
・ドコモ5Gオープンパートナープログラム会員向けに実施する施策における技術的サポート、ノウハウの提供
・「ドコモ5Gオープンラボ OKINAWA」に展示する沖縄県オリジナルコンテンツの制作

「ドコモ」
・ドコモ5Gオープンパートナープログラムのパートナーアセットを活用し、5Gと「BodySharing技術」を要素技術とした協創サービスの創出を図る取り組みの実施
(アイデアソン・ハッカソンの開催、「FirstVR」の貸し出しプログラム実施など)
・「ドコモ5Gオープンラボ」において、H2L製品と対応コンテンツを展示

【H2L製品とコンテンツの概要】
1.VRデバイス「FirstVR」
「FirstVR」は、スマートフォンと組み合わせてVR/ARアプリケーションを手で 操作することができる製品です。光学式筋変位センサー(Optical Active Sensing)を内蔵し、前腕に装着するだけで手指の動きを 読み取ることができるコントローラ(写真左)と、スマートフォンをマウントするゴーグル(写真右)がセットとなった製品です。

2.触感型インターフェース「UnlimitedHand」
「UnlimitedHand」は、VR/AR空間をコントロールするインプット機能だけでなく電気刺激によって手指を操作する技術を応用し、仮想空間からのフィードバックを自らの手で感じることができるアウトプット機能が備わった製品です。例えば、仮想空間で飛んできた鳥が指に乗った瞬間に、その指を動かすことで、鳥が指に乗った感覚を仮想的に感じることができるようになります。

3.手指を制御する14ch機能的電気刺激キット「PossessedHand」
「PossessedHand」は、使用者の腕に巻いた2本のベルトから前腕の筋肉に電気刺激を与え、手指の動きを制御することができる装置です。前腕の筋肉は手指の腱につながっており、その筋肉を収縮させることにより、手指を動作させることができます。

4.沖縄県の観光振興に向けたVR体験コンテンツ
沖縄県国頭郡東村で撮影されたマングローブカヤックやスタンドアップパドルボードの映像を、「FirstVR」で楽しむことのできるコンテンツです。使用者が実際にパドルを漕ぐ動作をすることにより、VR空間のカヤックやパドルボードが水の上を進み、実際にその場にいるかのような体験が可能です。

 

【各社の概要】
[H2L]
会社名:H2L株式会社
代表者:代表者 岩崎 健一郎
所在地:東京都江東区青海2丁目7-4 The SOHO 1304
資本金:1億535万円(2017年12月31日時点)
設立年月日:2012年7月2日
従業員:9名(2018年10月31日時点)
主な事業内容:
・電気刺激による手指動作技術を活用した応用ソリューションの企画と開発
・医療サービス、リハビリ支援装置の研究開発
・触感提示技術の研究開発
・その他の事業

[ドコモ]
会社名:株式会社NTTドコモ
代表者:代表取締役社長 吉澤 和弘
所在地:東京都千代田区永田町2-11-1山王パークタワー
資本金:9,496億7,950万円(2017年3月31日時点)
営業開始日:1992年7月1日
従業員:単独7,767名、 連結27,464名(2018年3月31日現在)
主な事業内容:
・通信事業
・スマートライフ事業
・その他の事業

 

【本件に関する報道機関からのお問い合わせ先】
H2L株式会社
広報部 堀江・小森
TEL:03-6426-0480

株式会社NTTドコモ
法人ビジネス戦略部 サービス企画担当
TEL:03-5156-2660

[プレスリリース]FirstVRで身体と筋肉の動きを計測できる、FirstVRエクササイズアプリα版の開発発表

[プレスリリースキットはこちら]

最新の筋変位センサとオプティカルアクティブセンシング技術が搭載されたアームバンド型コントローラFirstVRにより、身体と筋肉の動きを測定。アプリ内のAIトレーナーが動きをチェックしてエクササイズをサポートします。

2018年10月16日(木)東大発ベンチャー H2L 株式会社(本社: 東京都江東区、代表取締役: 岩崎健一郎、以下 H2L)は、アームバンド型デバイスFirstVR(ファーストブイアール)の筋変位センサ搭載コントローラで身体と筋肉の動きを測定する、AIトレーナー付きエクササイズアプリ「FirstVRエクササイズ」を発表しました。開発発表にともない、FirstVR新アプリ「FirstVRエクササイズ」α版の限定先行テスト配布が決定いたしました。

・先行配布抽選への参加方法は本リリースをご覧ください。

・アプリプレイの様子はこちら: https://youtu.be/zaop4uwGgBQ

 

【FVR エクササイズの特徴】
今回先行配布のFirstVR AIエクササイズアプリ「FirstVRエクササイズ」α版には3つの特徴があります。

1. アームバンド型のコントローラで身体と筋肉の動きを測定

FirstVRのアームバンド型コントローラには、筋変位センサという、筋肉の動きを検出するセンサが搭載されています。また、コントローラ内に9軸センサーも搭載されています。
エクササイズを行っている部分にFirstVRを装着することにより、筋肉の盛り上がりや、装着した部分の動きの速さや幅も測定できます。これとアプリ内のAIを合わせて動きの正確さの測定やカウントなどを行えるので、しっかりエクササイズを行えているか確認できます。

測定場所は手だけでなく、足にも装着して使用できます

2. AIトレーナーにトレーニングをチェックしてもらえる
「FirstVRエクササイズ」アプリにはAIトレーナーが搭載されており、AIのトレーナーがFirstVRのアームバンド型コントローラから送信される筋変位センサー値と9軸センサー値から、筋肉のふくらみ(筋変位)や身体の動きをチェックし、正確に動作を行えているかを見てくれます。それにより、自宅にいてもトレーナーがついているようにしっかりエクササイズをすることができます。

きちんとトレーニングできているときは、ゲージが一定量を超えて表示されます

3. プライベートな空間で誰にも邪魔されず短時間でエクササイズが可能
軽くてコンパクトなFirstVRとFirstVRエクササイズアプリさえあれば、自宅でも気軽に帰宅後などにエクササイズができます。個人差はありますが、1日約10~20分程度で十分な負担のエクササイズになります。

ジムに行く時間がなかなかつくれない、トレーナーと一緒にトレーニングする時間がない方も、AIトレーナーと帰宅後などに誰でも本格エクササイズができます。

 

【FirtVRエクササイズアプリα版を先行テスト配布!】
筋肉の動きを測定するAIトレーナー付きのエクササイズアプリが一足先にできる!

以下の手順で抽選に参加することができます。

1.Twitterで「FirstVRをつけた腕の写真、もしくは動画」を
#FirstVRでAIエクササイズ タグを付けて投稿!
2. @FirstVRofficial をフォローする

こちらの二つを行っていただき、参加をしていただけます。
抽選期間:10月16日~10月31日
当選された方には @FirstVRofficial からツイートにリプライをお送りいたします。

※Androidでアプリをプレイされる方は、以下の手順からFirstVRコントローラをアップデートしてください。
[FirstVR公式ウェブサイト クイックスタート-STEP1:ファームウェアアップデート]

皆様のご参加をお待ちしております!

●FirstVRについて

 

FirstVRは、初心者のためのVR/AR製品として5年前より極秘に研究開発された世界初のアク ティブセンシング技術を搭載しています。腕にFirstVRのコントローラを巻くと、14チャンネルの光学式筋変位センサ群が前腕 周囲の筋肉の動き(筋変位)を検出します。この筋肉の動きをAIシステムに短期学習させることに より、セットアップ時間を大幅に短縮しながらユーザの手の動きを検出し、VR/AR初心者でも気軽に使用できるようになりました。
FirstVRには、「VRゴーグル」と「新開発のコントローラ」と付属品が内包されているため、手持ちのスマートフォン(iOS, Android対応)以外の周辺機器を購入しなくても、低価格ですぐに最新技術のVR/AR体験をできるようになりました。

[関連ニュース]
H2L、スマホでジェスチャ入力できるデバイスFirstVRのアップデート機能やアプリ閲覧機能がついたベーシックアプリを発表。
【抽選で先行α版テスト配布!】手の動きも連動!H2LがFirstVRを使ったVTuberツールアプリを開発中

[FIRST VR公式ウェブサイト]

http://first-vr.com

[FirstVR 開発者用ウェブサイト(SDK公開中)]
http://dev.first-vr.com

[お問い合わせ先]

info@h2l.jp

[H2L株式会社について]
 
2012年7月設立。米TIME誌「未来を変える50の発明2011年」に選出された発明、PossessedHand® と、触感型ゲームコントローラUnlimitedHand®、スマ ートフォンで気軽にジェスチャ付きVR 体験ができるFirstVR® を主な製品として、遠隔地に触覚を伝える技術の研究開発を行っています。H2Lは、手の動作を検出する技術と、多電極の電気刺激を腕に与えて触感を伝える2つの技術の研究開発を積み重ねています。
会社情報: http://h2l.jp

【Android版も先行配布開始!】手の動きも連動!H2LがFirstVRを使ったVTuberツールアプリを開発中

[プレスリリースキットはこちら]

腕に巻くコントローラーFirstVRとスマホで、バーチャルキャラクターと手の動きが連動!誰でも気軽に今話題のバーチャルYoutuber(VTuber) になれるツールアプリを開発中。
抽選でα版を先行テスト配布!

2018年9月11日(火)東大発ベンチャー企業 H2L 株式会社(本社: 東京都江東区、代表取締役: 岩崎健一郎、以下 H2L)は、アームバンド型コントローラで直感的なVR/AR体験を提供するデバイスFirstVR(ファーストブイアール)で手を連動させるVTuverツールアプリの開発を発表しました。同時に、VTuberツールアプリのα版を先行試用できる抽選も開始いたします。
※10月11日 VTuberツールアプリ先行テスト配布はiOSとAndroid対応になりました。

バーチャルキャラクターとVTuberの動きを連動し、トラッキングするためには従来、様々な機材のセッティングを必要としました。今回開発のアプリケーションツールでは、スマートフォンとFirstVRをBluetooth®で接続し、自らの腕とバーチャルキャラクターの腕の動きを連動させることができます。
さらにスマートフォンのカメラで顔の表情をとらえ、専用アプリ内のキャラクターと連動します。連動のセットアップまでは2分もかからず、すぐにVTuberを楽しむことができます。

FirstVRはアームバンド型のコントローラとスマホ用VRゴーグルのセットデバイス(小売価格9,980円)です。

コントローラは上腕部分に巻きつけるだけで、筋変位センサが腕の筋肉の動きを検知し、指や手の動きを読み取ってくれます。

 

腕に装着したコントローラとキャラクターの腕の動きが連動します。ハンドジェスチャーは2~3種類をキャリブレーションして連動させます。顔の表情認識はスマホのカメラで行います。

 

表情認識では、瞬きや口の動きだけではなく、笑顔を作ったり、エフェクトを出せたりします。

また、クロマキー合成により、背景に好きな画像や動画をいれることができます。

【FirstVRのVTuberツールアプリのα(アルファ)版を先行テスト配布!】
●期間延長!& Android版も配布開始!●

FirstVRでバーチャルキャラと手を連動させるVTuberツールアプリの体験が一足先にできる!
以下の手順で抽選に参加することができます。
1. Twitterで「FirstVRをつけた腕の写真、もしくは動画」を
#FirstVRでVTuber タグを付けて投稿!
2. @FirstVRofficial をフォローする

こちらの二つを行っていただき、参加をしていただけます。

抽選期間:9月11日~10月31日
当選された方には @firstvrofficial からツイートにリプライをお送りいたします。
皆様のご参加をお待ちしております!

●10月11日更新:VTuberツールアプリ先行配布は現在iOSとAndroidに対応しています。

 

【FirstVRについて】

FirstVRは、初心者のためのVR/AR製品として5年前より極秘に研究開発された世界初のアク ティブセンシング技術を搭載しています。腕にFirstVRのコントローラを巻くと、14チャンネルの光学式筋変位センサ群が前腕 周囲の筋肉の動き(筋変位)を検出します。この筋肉の動きをAIシステムに短期学習させることに より、セットアップ時間を大幅に短縮しながらユーザの手の動きを検出し、VR/AR初心者でも気軽に使用できるようになりました。
FirstVRには、「VRゴーグル」と「新開発のコントローラ」と付属品が内包されているため、手持ちのスマートフォン(iOS, Android対応)以外の周辺機器を購入しなくても、低価格ですぐに最新技術のVR/AR体験をできるようになりました。

[関連ニュース]
H2L、スマホVR/ARデバイス「FirstVR」の一般販売開始

 

 

[FirstVR公式ウェブサイト]
http://first-vr.com

[FirstVR 開発者用ウェブサイト(SDK公開中)]
http://dev.first-vr.com

[H2L株式会社について]
2012年7月設立。米TIME誌「未来を変える50の発明 2011年」に選出された発明、PossessedHand®︎と、触感型ゲームコントローラUnlimitedHand®︎、スマートフォンで気軽にジェスチャ付きVR体験ができるFirstVR®︎を主な製品として、遠隔地に触覚を伝える技術の研究開発を行っています。H2Lは、手の動作を検出する技術と多電極の電気刺激を腕に与えて手指を動作させたり触感を伝えたりする技術の研究開発を積み重ねています。
会社情報: http://h2l.jp

[プレスリリース]スマホVR/ARデバイス「FirstVR」で、連携企画による遠隔教育を開始

[プレスリリースキットはこちら]

最新の筋変位センサ技術が搭載されたコントローラでVR/AR体験ができるFirstVRを使用した、沖縄STEM教育センターとH2Lの連携企画による遠隔教育プロジェクトが開始しました。

2018年10月2日(火)東大発ベンチャー H2L 株式会社(本社: 東京都江東区、代表取締役: 岩崎健一郎、以下 H2L)は、腕に巻くだけで直感的にVR/AR(ブイアール/エーアール)体験を提供するデバイスFIRST VR(ファーストブイアール)を導入した遠隔教育プロジェクトを沖縄STEM教育センターとの連携企画により開始しました。また、NTT西日本沖縄支店様からは遠隔教育に必要なVR用のスマートフォンの提供にご協力をいただいています。

沖縄と東京間をバーチャルに繋げ、FirstVRを手の動作の入力手段として、遠隔地へのコミュニケーション手段の一つとして使用します。
遠くにいながらにしてバーチャルに教育が受けられ、更に手の動きも連動してよりコミュニケーションや指導手段に幅がでます。
今後は当企画で遠隔教育の可能性を広げていければと考えています。

遠隔教育で使用するアプリの使用の動画はこちら

●沖縄STEM教育センター
代表理事 宮里 大八
・沖縄STEM教育センター とは
世界的な第4次産業革命を目前に、我が国においては次世代に対応した人材育成を実現すべく、大規模な教育改革が計画されています。特に必修化が計画されている小学校におけるプログラミング教育・英語教育に関しては、現場や保護者、地域の不安は計り知れません。
そうした背景のもと、沖縄県内でこれまで各地域でプログラミングやICT、IoTの子ども向け講座や多様な啓発活動に取り組んできた団体や個人がひとつにまとまり、一般社団法人沖縄STEM教育センターを設立しました。私たちはSTEM/STEAM/EdTechを軸とした多様な人材育成事業に取り組んでいきます。
[沖縄STEM教育センター 公式HP]
https://okinawa-stem.com/

●FirstVRについて

FIRST VRは、初心者のためのVR/AR製品として5年前より極秘に研究開発された世界初のアク ティブセンシング技術を搭載しています。腕にFIRST VRのコントローラを巻くと、14チャンネルの光学式筋変位センサ群が前腕 周囲の筋肉の動き(筋変位)を検出します。この筋肉の動きをAIシステムに短期学習させることに より、セットアップ時間を大幅に短縮しながらユーザの手の動きを検出し、VR/AR初心者でも気軽に使用できるようになりました。
FIRST VRには、「VRゴーグル」と「新開発のコントローラ」と付属品が内包されているため、手持ちのスマートフォン(iOS, Android対応)以外の周辺機器を購入しなくても、低価格ですぐに最新技術のVR/AR体験をできるようになりました。

[関連ニュース]
H2L、スマホでジェスチャ入力できるデバイスFirstVRのアップデート機能やアプリ閲覧機能がついたベーシックアプリを発表。

【抽選で先行α版テスト配布!】手の動きも連動!H2LがFirstVRを使ったVTuberツールアプリを開発中

[FIRST VR公式ウェブサイト]

http://first-vr.com
[FirstVR 開発者用ウェブサイト(SDK公開中)]
http://dev.first-vr.com
[お問い合わせ先]
info@h2l.jp

[H2L株式会社について]


2012 年 7 月設立。米 TIME 誌「未来を変える 50 の発明 2011 年」に選出され た発明、PossessedHand® と、触感型ゲームコントローラ UnlimitedHand®、スマ ートフォンで気軽にジェスチャ付き VR 体験ができる FirstVR® を主な製品とし て、遠隔地に触覚を伝える技術の研究開発を行っています。H2L は、手の動作 を検出する技術と、多電極の電気刺激を腕に与えて触感を伝える技術の 2 つの 技術の研究開発を積み重ねています。

会社情報: http://h2l.jp

[プレスリリース]H2L、スマホにジェスチャ入力できるデバイスFirstVRのアップデート機能やアプリ閲覧機能がついたベーシックアプリを発表。

[プレスリリースキットはこちら]

ベーシックアプリの機能により、FirstVRが使いやすく、開発もしやすくなります。

2018年9月10日(金)東大発ベンチャー企業 H2L 株式会社(本社: 東京都江東区、代表取締役: 岩崎健一郎、以下 H2L)は、アームバンド型コントローラで直感的なVR/AR(ブイアール/エーアール)体験を提供するデバイスFirstVR(ファーストブイアール)のアップデート機能やアプリ閲覧機能がついたベーシックアプリの公開を発表しました。

ベーシックアプリへのリンクはこちら(現在iOS版のみ対応)
https://itunes.apple.com/us/app/firstvr/id1374141793?l=ja&ls=1&mt=8

【ベーシックアプリ”FirstVR”について】
今回発表したFirstVRベーシックアプリ“FirstVR”には「ファームウェアアップデート」「アプリ一覧」,「FirstVRオフィシャルサイト閲覧」の3つの主要な機能があります。
1.ファームウェアアップデート

FirstVRのコントローラのファームウェアをアップデートすることができます。アップデートの際はBluetoothで繋がれたコントローラ名が表示されるので、選択の後アップデートを行ってください。

2.アプリ一覧

FirstVR対応アプリをこちらの項目に表示いたします。FirstVRアプリが一覧でご覧いただけるようになっております。

3.FirstVRオフィシャルサイト閲覧

FirstVRのオフィシャルウェブサイトが閲覧できます。FirstVRのブログや最新情報をいつでもアプリ上から確認いただけます。
今後はこのベーシックアプリを活用し、利用者がよりFirstVRを快適に利用できるよう、アプリの改善も行っていく予定です。
ベーシックアプリ”FirstVR”は現在iOSのみ対応となっており、Android版は近日公開予定です。

アプリダウンロードはこちら(iOSのみ対応)

【FirstVRについて】

FIRST VRは、初心者のためのVR/AR製品として5年前より極秘に研究開発された世界初のアク ティブセンシング技術を搭載しています。腕にFIRST VRのコントローラを巻くと、14チャンネルの光学式筋変位センサ群が前腕 周囲の筋肉の動き(筋変位)を検出します。この筋肉の動きをAIシステムに短期学習させることに より、セットアップ時間を大幅に短縮しながらユーザの手の動きを検出し、VR/AR初心者でも気軽に使用できるようになりました。
FIRST VRには、「VRゴーグル」と「新開発のコントローラ」と付属品が内包されているため、手持ちのスマートフォン(iOS, Android対応)以外の周辺機器を購入しなくても、低価格ですぐに最新技術のVR/AR体験をできるようになりました。

[関連ニュース]
H2L、スマホVR/ARデバイス「FirstVR」の一般販売開始
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000010.000006831.html

[FirstVR公式ウェブサイト]

http://first-vr.com
[FirstVR開発者専用サイト]
http://dev.first-vr.com

[お問い合わせ先]

info@h2l.jp

[H2L株式会社について]
2012年7月設立。米TIME誌「未来を変える50の発明 2011年」に選出された発明、PossessedHandと、昨年発表されたUnlimitedHandを主な製品として、遠隔地に触覚を伝える技術の研究開発を行っています。H2Lは、手の動作を検出する技術と多電極の電気刺激を腕に与えて手指を動作させたり触感を伝える技術の2つの技術の研究開発を積み重ねています。
会社情報: http://h2l.jp

【抽選で先行α版テスト配布!】手の動きも連動!H2LがFirstVRを使ったVTuberツールアプリを開発中

[プレスリリースキットはこちら]

腕に巻くコントローラーFirstVRとスマホで、バーチャルキャラクターと手の動きが連動!誰でも気軽に今話題のバーチャルYoutuber(VTuber) になれるツールアプリを開発中。抽選でα版を先行テスト配布!

 

2018年9月11日(火)東大発ベンチャー企業 H2L 株式会社(本社: 東京都江東区、代表取締役: 岩崎健一郎、以下 H2L)は、アームバンド型コントローラで直感的なVR/AR体験を提供するデバイスFirstVR(ファーストブイアール)で手を連動させるVTuverツールアプリの開発を発表しました。同時に、VTuberツールアプリのα版を先行試用できる抽選も開始いたします。
※VTuberツールアプリ先行テスト配布はiOSのみの対応となります。

バーチャルキャラクターとVTuberの動きを連動し、トラッキングするためには従来、様々な機材のセッティングを必要としました。今回開発のアプリケーションツールでは、スマートフォンとFirstVRをBluetooth®で接続し、自らの腕とバーチャルキャラクターの腕の動きを連動させることができます。さらにスマートフォンのカメラで顔の表情をとらえ、専用アプリ内のキャラクターと連動します。連動のセットアップまでは2分もかからず、すぐにVTuberを楽しむことができます。

FirstVRはアームバンド型のコントローラとスマホ用VRゴーグルのセットデバイス(小売価格9,980円)です。

コントローラは上腕部分に巻きつけるだけで、筋変位センサが腕の筋肉の動きを検知し、指や手の動きを読み取ってくれます。

 

腕に装着したコントローラとキャラクターの腕の動きが連動します。ハンドジェスチャーは2~3種類をキャリブレーションして連動させます。顔の表情認識はスマホのカメラで行います。

 

表情認識では、瞬きや口の動きだけではなく、笑顔を作ったり、エフェクトを出せたりします。

また、クロマキー合成により、背景に好きな画像や動画をいれることができます。

【FirstVRのVTuberツールアプリのα(アルファ)版を先行テスト配布!】

FirstVRでバーチャルキャラと手を連動させるVTuberツールアプリの体験が一足先にできる!
以下の手順で抽選に参加することができます。
1. Twitterで「FirstVRをつけた腕の写真、もしくは動画」を
#FirstVRでVTuber タグを付けて投稿!
2. @FirstVRofficial をフォローする

こちらの二つを行っていただき、参加をしていただけます。

抽選期間:9月11日~9月30日
当選された方には @firstvrofficial からツイートにリプライをお送りいたします。
皆様のご参加をお待ちしております!

※VTuberツールアプリ先行テスト配布はiOSのみの対応となります。

 

【FirstVRについて】

FIRST VRは、初心者のためのVR/AR製品として5年前より極秘に研究開発された世界初のアク ティブセンシング技術を搭載しています。腕にFIRST VRのコントローラを巻くと、14チャンネルの光学式筋変位センサ群が前腕 周囲の筋肉の動き(筋変位)を検出します。この筋肉の動きをAIシステムに短期学習させることに より、セットアップ時間を大幅に短縮しながらユーザの手の動きを検出し、VR/AR初心者でも気軽に使用できるようになりました。
FIRST VRには、「VRゴーグル」と「新開発のコントローラ」と付属品が内包されているため、手持ちのスマートフォン(iOS, Android対応)以外の周辺機器を購入しなくても、低価格ですぐに最新技術のVR/AR体験をできるようになりました。

[関連ニュース]
H2L、スマホVR/ARデバイス「FirstVR」の一般販売開始

 

 

[FirstVR公式ウェブサイト]
http://first-vr.com

[FirstVR 開発者用ウェブサイト(SDK公開中)]
http://dev.first-vr.com

[H2L株式会社について]
2012年7月設立。米TIME誌「未来を変える50の発明 2011年」に選出された発明、PossessedHand®︎と、触感型ゲームコントローラUnlimitedHand®︎、スマートフォンで気軽にジェスチャ付きVR体験ができるFirstVR®︎を主な製品として、遠隔地に触覚を伝える技術の研究開発を行っています。H2Lは、手の動作を検出する技術と多電極の電気刺激を腕に与えて手指を動作させたり触感を伝えたりする技術の研究開発を積み重ねています。
会社情報: http://h2l.jp

H2L、スマホVRデバイス「FirstVR」の開発者用サイトオープン。SDK(alpha版)を無料で公開。

[プレスリリースキットは,こちらをクリックするとダウンロードできます]

世界初の筋変位センサ技術を搭載したコントローラでVRとARが楽しめる「FirstVR」を使ったアプリの開発が可能になります。

2018年4月17日(土)東大発ベンチャー H2L 株式会社(本社: 東京都江東区、代表取締役: 岩崎健一郎、以下 H2L)は、腕に巻くだけで直感的にVR/AR(ブイアール/エーアール)体験を提供するデバイスFIRST VR(ファーストブイアール)の開発者用サイトをオープン、FirstVR専用アプリ開発のためのSDK(alpha版)をサイト内にて無料で公開するサービスを開始いたしました。

開発者専用サイトへはFirstVRの公式サイト(http://first-vr.com)からアクセスできるようになっており、ディベロッパー登録の後サイト内にてSDKを無料でダウンロードいただけます。

 

【FirstVR開発者用SDK(alpha版)について】

アクセスURL:https://dev.first-vr.com

Unity(C#)用のSDKにはBluetooth接続からキャリブレーション、ジェスチャ認識などのクラスを取り揃えています。サンプルプロジェクトも内包されています。ディベロッパー登録すると、日本語版と英語版のドキュメントとチュートリアルを見ることができます。SDKのダウンロード、ディベロッパー登録共に無料となっています。

 本SDKを用いてFirstVRのiOSアプリ、Androidアプリの開発が可能です。

 

【FirstVRについて】

FIRST VRは、初心者のためのVR/AR製品として5年前より極秘に研究開発された世界初のアク ティブセンシング技術を搭載しています。腕にFIRST VRのコントローラを巻くと、14チャンネルの光学式筋変位センサ群が前腕 周囲の筋肉の動き(筋変位)を検出します。この筋肉の動きをAIシステムに短期学習させることに より、セットアップ時間を大幅に短縮しながらユーザの手の動きを検出し、VR/AR初心者でも気軽に使用できるようになりました。 

FIRST VRには、「VRゴーグル」と「新開発のコントローラ」と付属品が内包されているため、手持ちのスマートフォン(iOS, Android対応)以外の周辺機器を購入しなくても、低価格ですぐに最新技術のVR/AR体験をできるようになりました。
[関連ニュース] 

FirstVRプレスリリース【H2L株式会社 スマートフォンで動作する初心者のためのVR/AR(ブイアール/エーアール) 新製品「FIRST VR(ファーストブイアール)」を東京ゲームショウ2017 にて発表, 予約受付開始】

 

[FIRST VR 特設ウェブサイト]
http://first-vr.com

[お問い合わせ先]
info@h2l.jp

[H2L株式会社について]
2012年7月設立。米TIME誌「未来を変える50の発明 2011年」に選出された発明、PossessedHandと、昨年発表されたUnlimitedHandを主な製品として、遠隔地に触覚を伝える技術の研究開発を行っています。H2Lは、手の動作を検出する技術と多電極の電気刺激を腕に与えて手指を動作させたり触感を伝える技術の2つの技術の研究開発を積み重ねています。
会社情報: http://h2l.jp

H2L株式会社 「FIRST VR(ファーストブイアール)」を 東京ゲームショウ2017 にて発表と予約受付開始


[プレスリリースキットはこちら]

H2L株式会社 
スマートフォンで動作する初心者のためのVR/AR(ブイアール/エーアール) 新製品「FIRST VR(ファーストブイアール)」を東京ゲームショウ2017 にて発表と予約受付開始


 

FIRST VR(ファーストブイアール)

–新たに研究開発された
アクティブセンシング技術(光学式筋変位センサ群と AIシステムの融合)により、
手の動きで直感的にVR/AR体験–

 

東大発ベンチャー H2L 株式会社(本社: 東京都江東区、代表取締役: 岩崎健一郎、以下 H2L)は、腕に巻くだけで直感的にVR/AR(ブイアール/エーアール)体験を
提供するデバイスFIRST VR(ファーストブイアール)を東京ゲームショウ2017(2017年09月21日から24日開催)にて発表し、予約受付を開始します。

FIRST VRは、初心者のためのVR/AR製品として5年前より極秘に研究開発された世界初のアクティブセンシング技術を搭載しています。アクティブセンシング技術は、今回が初公開となる技術です。腕にFIRST VRのコントローラを巻くと、14チャンネルの光学式筋変位センサ群が前腕周囲の筋肉の動き(膨らみ)を検出します。この筋肉の動きをAIシステムに短期学習させることにより、セットアップ時間を大幅に短縮しながらユーザの手の動きを検出し、VR/AR初心者でも気軽に使用できるようになりました。

 

FIRST VRには、「VRゴーグル」と「新開発のコントローラ」と付属品が内包されているため、手持ちのスマートフォン(iOS, Android対応)以外の周辺機器を購入しなくても、低価格ですぐに最新技術のVR/AR体験をできるようになりました。

 

 

FIRST VRは2017年09月21日10時20分から予約受付を開始します。東京ゲームショウ2017の限定期間は、販売予定価9,980円(税込)より先行割引の8,980円(税込)にて予約を受け付けます。2017年12月下旬から予約分の製品が順次出荷予定です。

予約受付サイト: http://first-vr.com

 

[FIRST VRの特徴]
1. 世界初のアクティブセンシング技術で、初心者でも気軽にVR/AR体験

光学式筋変位センサ群が前腕周囲の筋肉の動き(膨らみ)を検出。
筋肉の動きをAIシステムに短期学習。

2. FIRST VRとスマートフォンさえあれば、手軽にVR/AR体験

軽くてコンパクトなボディのVRゴーグルと、腕時計のようなコントローラで
いつでもどこでも気軽にVR/AR体験を提供します。

3. 最新の技術をお手頃な価格で提供

どなたにでも気軽に初めてのVR/AR体験ができるようになりました。販売予定価9,980円(税込)、先行予約者には8,980円(税込)にて提供。

 

FIRST VR

「プロモーションムービー『母ご乱心 編』」と「技術解説とコンセプト解説ムービー」同時公開

—プロモーションムービー「母ご乱心 編」
FIRST VRのゲームコンテンツの1つである「母ご乱心」は、VR世界の日常品を壊して壊して壊しまくって、その損害金を競い合うゲームです。日頃のストレス発散や運動不足解消も期待できるコンテンツとなっています。東京ゲームショウ2017では、先行して本コンテンツを体験できます。
ムービー公開 URL: https://youtu.be/CWQKWNENoL8

—技術解説とコンセプト解説ムービー

   世界初のアクティブセンシング技術の解説や、VRの外国語教室やスポーツ体験、ARの料理講座など、これから続々公開予定の様々なコンテンツとともコンセプトを紹介するムービーです。
ムービー公開 URL: https://youtu.be/SVkgHm4q69Y

 

 

[東京ゲームショウ2017 H2L, Inc. ブース情報]
出展場所 9~11ホール, 9 – W11

出展内容 新製品 FIRST VR の情報公開と詳細発表

        FIRST VRの体験(整理券配布)

製品発表 2017年09月21日(木) 10:20~10:40

     H2L, Inc. 代表 岩崎健一郎によるFIRST VR 製品発表

各種発表 2017年09月22日(金)〜24日(日) 10:00~10:20

       MCによるFIRST VRの製品紹介

     2017年09月22日(金)〜24日(日) 10:20~10:40

       H2L, Inc. 代表 岩崎健一郎によるFIRST VR 製品紹介
2017年09日22日(金) 15:00~15:30
H2L, Inc. 代表 岩崎健一郎とVR/AR専門家 MoguraVR すんくぼ(久保田 瞬)対談

 

 

[製品詳細一覧]


—共通項目

同梱物 : コントローラ, VRゴーグル, USBケーブル, ケース, 商品ガイドマニュアル, 保証書
認証 : FCC, CE, TELEC, KC, ROHS
販売予定価格 : 9,980円(税込), 東京ゲームショウ2017期間限定の予約割引価格 8,890円

—FIST VR 内包 新開発のコントローラ

本体サイズ : W184*H75*170mm 本体重量(g):34g
ベルトアタッチメントサイズ
Lサイズ : W310*H90*D7mm 重量: 21g
Mサイズ : W270*H80*D7mm 重量: 19g
通信 : Bluetooth 4.2(Low Energy)
搭載センサー : 光学式筋変位センサー、ジャイロセンサー、加速度センサー、磁気センサー
OS : iOS, Android OS
—
対応機種 :iPhone 6s以降/Android GALAXY S8, Xperia XZシリーズ
※注意: スマートフォンのスペックや通信環境、対応コンテンツにより異なる場合がございます。
バッテリー容量:160mAh,一般的なコンテンツ使用で平均3時間の連続駆動
充電方法 : Micro USB B – USB B(家庭用電源からの直接変換による充電はサポート対象外)
出力 : バイブレーションモーター搭載(フィードバック)

—FIST VR 内包 VRゴーグル

視野角 : 70-95度
重量 : 158g
サイズ : W170*H138*D98mm
対応機種 : 4.7-6.0インチスマートフォン(iPhone, Android)

 

 

[FIRST VR 特設ウェブサイト]

http://first-vr.com

[お問い合わせ先]

info@h2l.jp

[H2L株式会社について]


2012年7月設立。米TIME誌「未来を変える50の発明 2011年」に選出された発明、PossessedHandと、昨年発表されたUnlimitedHandを主な製品として、遠隔地に触覚を伝える技術の研究開発を行っています。H2Lは、手の動作を検出する技術と多電極の電気刺激を腕に与えて手指を動作させたり触感を伝える技術の2つの技術の研究開発を積み重ねています。
会社情報: http://h2l.jp